通販サイトの利便性

アイピルを病院で処方してもらい手に入れる場合、以下のデメリットがあります。

「保険が適用外のため価格が高い」

「病院へ行き診察~処方と手間がかかる」

「人目が気になる、誰かに知られるかも」

などのデメリットが挙げられます。

アイピルは保険が適用されないため、病院で処方してもらった場合、1錠の価格が約10,000円となることもあり、保険適用外の自由診療となるため、病院によって価格の設定が違い値の高低幅があります。

そして病院で手に入れるためには、最寄りの医療機関へ行き診察を受けて処方してもらわなければならないため、病院まで足を運んだり、診察や処方までの時間がかかったりするなど手間が結構かかってきます。

また、人の目がどうしても気になってしまう、病院までの道のりや病院内で友人や知人、会社の上司や同僚など知られたくない人たちに処方してもらう薬のことを知られてしまうのではないかと神経質になってしまう場合もあります。

そういったデメリットを解消するために、個人輸入の通販という手段があります。

アイピルを通販で購入する情報をここでお伝えします。

自分だけで個人輸入の通販をする場合、まずは海外のアイピルの販売を取り扱っているストアーを探して、そのストアーの現地スタッフと海外の言語で契約を交わして注文~発送の手配の手続きを行い、さらに輸入するために通関の手続きまで、非常に手間のかかる手続きに対応しなければなりません。

そういった面倒な手続きを解消してくれるのが、個人輸入代行の通販サイトが非常に便利です。普段利用しているAmazonや楽天などのネットショッピングサイト感覚で、

・通販サイトでアイピルを検索して内容を確認してカートに入れる

・購入者の住所や氏名など必要な情報を入力する

・銀行振込やクレジット決済などの支払い方法を決める

・支払い後にアイピルが発送される

その後は追跡番号で商品が今どの場所にあるか確認しながら到着を待ちます。

どうでしょうか?このとおり購入方法はいつものネットショッピングと変わらず、至って簡単に注文から発送の手配などができるため、アイピルを手にするのに通販を利用する人が増えています。

病院に行く必要もなく、誰にも知られずにアイピルを購入できるので、安心してアイピルを通販で買ってみてはいかがでしょうか?