アイピルと低用量ピルの副作用の違い

アイピルと低用量ピルは配合されているホルモンの量が違うため副作用にはいくつか違いがあります。

低用量ピルはゆっくりとホルモンバランスを変化させ避妊状態にするため、配合されている成分量が少なく副作用を抑えられることもあるでしょう。

アイピルは低用量ピルと違い、成分量が多く配合されているため「吐き気」や「おう吐」、少量の「不正性器出血」、「頭痛」、「めまい」、「倦怠感」などの症状が挙げられます。

アイピルの服用で女性ホルモンを摂取して、ホルモンバランスを崩して子宮内膜が剥がれ落ちることで妊娠を阻害するため、体内のホルモンが急激に変化することによる一時的な症状なので、先に挙げられた副作用については、時間の経過とともに治まっていきます。

症状の中でも、「服用してからすぐにおう吐した」、「服用後3時間以内におう吐した」場合、アイピルの成分が体内に浸透していない可能性があり、避妊効果が発揮されない恐れがあるため、服用し直す必要があります。

副作用も「頭痛だけ」の方や、「吐き気のみ」の方、「頭痛と吐き気」といった複数の症状の方と副作用の症状にも個人差があります。

症状があらわれた際、服用後に安静にしておけば症状が軽減される、市販の酔い止め薬を使うことで軽減さるなど個人の対処で副作用を抑えることができる場合があると言われるので、試してみてはいかがでしょうか。

もしも服用後に症状が治まらない、副作用が強く出たなど異常があらわれた場合は、自己判断せずに、速やかに医療機関で医師による診察を受けましょう。