アイピルの効果と避妊率について

もっともポピュラーで避妊率の高い方法といえばコンドームの使用ですが、正しく装着した場合、約85%の避妊率と言われています。

約85%の避妊成功率ということは、残りの約15%は避妊に失敗することを示しています。

コンドームは男性が装着するものなので、使用を間違えるとその避妊率も下がる恐れがあるため、「コンドームが破れた」、「男性が途中でコンドームを外す」など、女性が意図としない膣内で射精されたとしても、女性本位で避妊をおこなえるアイピルは、そういった不慮の出来事のあとでも高い確率で効果を発揮してくれます。

アイピルを服用して避妊できる確率は、「24時間以内の服用であれば約95%」、72時間以内の服用であれば約72%」の確率になります。

このように避妊の成功率を上げるには性行為後、いかに早くアイピルを服用するがカギとなります。