アイピルの入手法である病院と通販それぞれのメリットとデメリット

アイピルの通販はこちら
落ち込んでいる女性    万が一という事態に備えてアイピルを用意しておく。

避妊に失敗してしまってからであっても、アイピルを手に入れて事後避妊を行うといったことは可能ですが

手に入れるタイミングによってさまざまな違いがあります。

手に入れるタイミング=入手法と言っても過言ではなく、事前に手に入れる場合には通販が最適となっており、事後に手に入れる場合には病院が最適となります。

ここでは、このアイピルの入手法である病院と通販のメリットやデメリットを様々な観点から紹介していきます。

アイピルを持っておきたい、使いたいと考えている場合には、是非お役立てください。

最速でアイピルを手に入れたい場合は「病院」

通販を利用している女性アイピルを手に入れる上で、先ず知っておきたいのが手に入れるタイミングです。

早めに手に入れるのか、いざという事態になってから手に入れるのかで入手法は変わってしまいます。

ここに選択の余地はほとんどないと言えます。

通販を利用して手に入れる場合には、2週間前後の時間を必要とします。

これは、通販でアイピルを手に入れる場合には、海外からの発送となることが要因となっています。

海外から日本にまで運ばれるにはどうしても時間が必要となるので、避妊に失敗してから通販を利用した場合。

手元に届くまでに2週間かかってしまい、事後避妊が可能である72時間以内に手に入ることはありません。

しかし、病院でアイピルを処方してもらう場合には診察を受けたその時に処方してもらうことができるのでアイピル使用の時間的な制限の問題をクリアできます。

 

安さを重視してアイピルを手に入れるなら「通販」

節約した女性避妊に失敗してしまった!そうなった場合に役立つアイピルは病院で処方してもらう方が早く手に入るという事は分かりました。

では次に価格面での違いをみていきましょう。

見出しにもあるように、費用面を考えた場合は圧倒的に通販を利用したほうが有利になります。

病院でアイピルを手に入れる場合にかかる費用は、診察費用数千円の他にアイピルの価格1錠1万円ほどを支払う必要があります。

当然、この費用に保険などは適用されることはないので、1万数千円全額が自己負担となってしまいます。

望まない妊娠を避けることができるとはいえ、決して安くはない出費となってしまいます。

しかし、通販を利用した場合では、なんとアイピルは1錠当たり千数百円と、病院で処方してもらう費用の1/10ほどとなるのです。

病院で処方してもらう1回分の費用で10回も事後避妊を行える計算になります。

もちろん、事後避妊は急激にホルモンバランスを変化させて避妊を行う手法であるため、毎回アイピルを使っての避妊を行うのは望ましくありません。

手元に届くまでに時間はかかりますが、費用面では圧倒的に通販が有利になっています。

適切な使い方を把握したいなら「病院」

通販を利用してアイピルを手に入れる方法と病院でアイピルを手に入れる方法の違いは沢山ありますが

薬に関する情報をより正確に知ることができるのは病院です。

病院で処方してもらう場合は、医師からアイピルの適切な服用方法などに関しても教えてもらう事が可能です。

通販を利用して、アイピルを手に入れる場合には、用法用量だけでなく副作用や併用禁忌、注意といった薬に関する情報は全て自分で調べる必要があります。

そうして情報を調べた上で、全て自己責任で服用する必要がある為、大きな副作用などが発症してしまう可能性も有ります。

間違った用法用量などの情報に騙されてしまえば、本来避妊できたものが適切に避妊できずに事後避妊失敗という最悪な結末を招いてしまうなんてことも。

望まない妊娠を避ける最後の砦だからこそ、適切な使い方をしって利用したい場合には、病院が最適と言えるでしょう。

一度病院で用法用量などの様々な説明を受けた後に、通販を利用すればそうした情報を持った上でアイピルを手に入れることができるので安心です。

 

希望のアフターピルを購入できるのは「通販」

通販を利用している女性病院でアイピルを処方してもらおうと思っても、実際にその病院がアイピルを取り扱っていなければ処方してもらう事は出来ません。

別のアフターピルを取り扱っている場合には、医師からアイピルではない別のアフターピルを処方される場合もあるわけです。

当然、価格も変わってきますしアイピルよりも高額になってしまうなんて可能性も有ります。

しかし、通販を利用してアフターピルを購入する場合、それぞれの通販サイトで取り扱っているアフターピルの中から自分が好きなものを選んで輸入することが可能です。

とあるアフターピルは副作用が酷くて使うのが大変だったという場合でも、別のアフターピルを使ってみるとそこまで副作用もきつくなく事後避妊も問題なしという場合もあります。

利用する人によって薬との相性などもあるので、自分に合ったアフターピルや希望するアフターピルを確実に手に入れたいと思った場合には通販一択と言えます。

 

通販と病院処方の違いは、様々なだから自分の状況に合わせて選ぼう

落ち込んでいる女性アイピルを手に入れる方法である、通販と病院処方では様々な違いがありました。

自分が置かれている状況や環境、自分の性格に合った方法を利用して快適に避妊ライフを送るようにしましょう。

アイピルの通販はこちら