アイピルを通販で購入する

アイピル通販と病院での処方の違いは?

通販を利用している女性

アイピルを購入しようと考えた場合、その方法は大きく分けて2通りです。

1つが、病院で処方してもらうという方法、そしてもう一つが通販を利用するという方法です。

では、通販を利用する場合と病院で処方してもらう場合ではそれぞれどういった違いがあるのでしょうか?

このページでは、アイピルの購入方法によるそれぞれのメリットやデメリットについて紹介していきます。

自分に合った方法でアイピルを購入するためにも是非知っておきましょう。

通販で購入するメリット・デメリット

先ずは、通販を利用してアイピルを購入する場合のメリットやデメリットを紹介していきます。

 

通販を利用している女性

通販のデメリット

通販を利用する上での、デメリットはやはり届くまでの時間です。

実際に通販で注文してから自宅に届くまでに必要となる時間は2週間以上。そのため、避妊に失敗した!となってから注文しても到底間に合いません。

それ以外のデメリットとしては、通販サイトの中には悪質なサイトもあるという事。利用する通販サイトが悪質な場合、粗悪品が送られてきたり代金を支払ったのに商品が届かないなんて言うことも。

通販のメリット

通販を利用してアイピルを購入した時のメリットは、価格!

1錠当たりの価格で考えると、婦人科で処方してもらった場合10,000円以上なのに通販なら、1,000円程度と1/10程度になります。

また、通販の場合は自宅や外出先などからスマホだけで簡単に注文できるので婦人科に足を運んだところを誰かに見られてしまうなんて言う事も無いので、恥ずかしくないんです。

病院で処方してもらうメリット・デメリット

薬のイメージ

通販で購入するときのメリットデメリットを把握してもらえたと思うので、次は病院で処方してもらう場合のメリットやデメリットについて紹介します。

病院のデメリット

病院でアイピルを処方してもらう場合のデメリットは、価格です。

アイピルを処方してもらうのに必要な価格は10,000円以上。当然、高いからといって拒否できるわけではありません。

拒否すれば、妊娠してしまうわけですからしたくても出来ないというのが正しいです。

その上、病院に入るところを知ってる人に見られたりすればアイピルをもらったことがバレて恥ずかしい思いをするなんて言うことも。

病院のメリット

病院でアイピルを処方してもらうときにはメリットもあります。

一番のメリットはすぐに処方してもらう事ができること。通販との大きな違いはココです。

そして、アイピルの使い方を教えてもらえるというのもメリットと言えます。

初めて使う場合は使い方が分からず、慌ててしまうこともありますが病院で用法用量を教えてもらえればそうしたことはなくなります。

通販と病院の違いまとめ

病院と通販のメリットやデメリットを見てきました。

それぞれにメリットやデメリットがありますが特徴的な部分はやはり、価格と時間です。

価格は圧倒的に通販の方が有利。

時間は圧倒的に病院の方が有利。

緊急避妊薬であるアイピルなので、いざというときにすぐに処方してもらう事が出来るのは大きなメリットですが、回数が増えればその負担は非常に大きなものに。

ですから、いざというときの為に通販で予め準備しておくというのが最も適切な購入方法だと言えます。

事前に購入するようにしておけば通販のネックであった手元に届くまでの時間的なデメリットはなくなり、価格も1/10とメリットだけ。

ですが、病院の場合は早く処方してもらうはできますが、安くすることは不可能です。

通販はデメリットを工夫で消せますが、病院の処方はデメリットを消すことができないので最終的には通販で購入する方が良いと言えるでしょう。